ヒゲ脱毛はデメリットを考えると負担が大きい

【ヒゲ脱毛の種類】
ヒゲ脱毛は、主にニードル脱毛、フラッシュ脱毛、医療レーザー脱毛の方法で行われます。
ニードル脱毛は、毛根1つひとつに針を指して、電気刺激を与える方法になります。

1本単位での脱毛を行いたい人におすすめされるやり方です。
フラッシュ脱毛は、脱毛する部分を冷やして、その後光を当てながら脱毛していく方法です。

この脱毛に用いられる機材は、ハイパワーではないことが多く、脱毛時に痛みを感じにくい点が特徴として挙げられています。
医療レーザー脱毛は、狭い範囲を集中的に脱毛するための方法して知られています。
レーザー光の強さも高いレベルにあり、確実に脱毛効果を実感できる特徴が存在します。
しかし、その反面痛みがやや強めであるという側面もあります。

【ヒゲ脱毛のデメリット】
ヒゲ脱毛には、脱毛効果を体感できる一方でデメリットも存在します。
まずは脱毛の施術のために、複数回にわたりサロンに行く必要のあることです。

1回でヒゲ脱毛が完了するわけではなく、脱毛の施術やその後の肌のケアなど、何種類かのプロセスが必要になります。
そのため、どうしても何度かサロンに通う必要が生じる点がネックとなるでしょう。

また、脱毛の方法によっては皮膚への痛みや刺激が強くなる可能性があります。
通常の人では感じない痛みでも、肌が弱ければ痛みを感じやすくなることもあり、ヒゲ脱毛を受ける前はその点を把握しておくことも望ましいと思います。
痛みを感じたくない人は、事前に相談してみるのも良いでしょう。
費用面でもやや負担が大きくなる特徴があります。

相場としては5~10万円程度になることが想定され、少し高額になってしまうところもデメリットとして挙げられると考えられています。
場合によっては10万以上の費用がかかることもあるため、予算に合わせた施術があるかのチェックが必要です。

【脱毛サロン以外で髭を薄くする方法】
サロン以外で髭を薄くするためには、髭の毛根に直接作用するクリームを使用したり、ゼロファクターのような抑毛ローションでのケアを日常的に行ったりすることが良いとされています。髭を細く短くする効果のある製品が現在では普及し、効果を体感することも期待できるのではないでしょうか。

参考:ゼロファクター